お茶の子さいさいの「お茶の子」って何?

「お茶の子さいさい」は御存知のとおり、


「物事がたやすく出来ること」、「朝飯まえ」などの意味ですね。そもそも「お茶の子」は禅宗の用語の点心から発した言葉で、1日の食事が2回だったころの規定の食事以外の間食のことを言いました。今日では「茶漬け」とともに簡単な食事のことを言います。 広島県の法事は「茶の子」と言い忌明けの法事は 「茶の子」 「満中陰志」 と表書きした引出物を用意します。 また、大分県では忌明けの法要を七七日に行いますが、親族や知人・隣人を招いて会食し、「茶の子」と表書きした品を引出物にします。関東地方では一般的に「志」の表書きとなります。

最新記事

すべて表示

昨年は皆様に支えられ有り難うございました🎵

昨年は、多くの方にご注文いただきまして有り難うございました🎵 えっ、まだ食べたことない👀⁉️ 食べてみて下さい、お茶本来の味わいを感じるアイスクリーム🍨 美味しいですよ~🎵 新年は1月4日より営業致しますので是非ご注文くださいませ☺️